2024-25年度 天童ロータリークラブ 会長方針

2024-25年度会長

2024-2025年度 天童ロータリークラブ会長

        加賀善子


クラブテーマ

『入りて学び出でて奉仕しましょう』


 このたび、歴史と伝統ある天童ロータリークラブ第68代会長にご指名いただきました。会長という重大な役職をいただき、成長することができる機会を与えていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 わたしはクラブに入会して12年が経ちました。年々新しい沢山の仲間が出来て、いつの間にか中堅クラスになってしまいましたが、ロータリーのことはまだまだ勉強中でありますが、自分なりに出来ることをやっていこうと思います。

 これまでのロータリークラブは、単年度制で事業を行ってきたと記憶しておりますが、今年度の芳賀ガバナーの方針の中に、3年間のクラブ戦略計画を策定し、実行してほしいということがあります。この方針を聞く前にすでに委員会の配属を決めたわけですが、わたしが入会してからしばらくの間は、委員会のことがよくわからず、更に委員長になったら何をしたらよいのか困ったという経験をしました。このことからできるだけ委員長になる方の負担が軽くなるようにという想いで、副委員長は次年度、委員長に自動的に繰り上がるよう、副会長の須藤さんと決めさせていただきました。自分が『こうなったらいいな』と想う気持ちを大切に変えるところは変えて、長年守られてきた大切なことは守り続けていきたいと思います。

 クラブの皆さんとこれまで以上に、仲良く楽しくロータリーを学んでいきたいと思っております。理事・役員の方々をはじめ会員の皆さん、そしてとても頼りになる穏やかな幹事の黒澤友晴さん、1年間ご指導とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。


ロータリーの目標

(1)ロータリーに誇りを持とう!

  地区の基本理念にあります、ロータリーのバッジを常に着用し、ロータリアンとしての矜
  持を持ちましょう。

(2)ロータリーを学ぼう!

  ロータリーの目的は、ロータリー運動の中核をなす最も大事な基本理念です。これを暗記
  し、体得しましょう。そうするとロータリーの崇高な思想が見えてきます。

(3)DEIの精神を大切にしよう
  (多くの人を、分け隔てなく、あたたかく向かい入れる)=寛容

  ロータリークラブは創立以来先人たちの努力により発展進化してきました。しかし、当時
  とは比較できないほど世界は変化しています。我がクラブは時代に追いついているか?適
  応できているか?我がクラブはどうでしょうか?

(4)出欠連絡とメークアップの徹底

  ロータリアンの基本である大切なことです。昼食が1つも余ることがないよう徹底しまし
  ょう。




戦争反対

天童RCフェイスブック

End Polio Now
Copy Right(C)2016 Rotary Club of Tendo All rights reserved.